デート映画一覧
デート映画

半分の月がのぼる空

映画館
半分の月がのぼる空
おすすめデート映画
写真

伊勢市が舞台!愛いっぱいの
珠玉のラブストーリー

 三重県伊勢市出身の人気作家橋本紡の同名ベストセラー小説の映画化。9歳のころから入院生活をおくり、人との距離のはかり方をしらない里香は、同じ病院に入院する思春期真っ只中の裕一を上から目線で振り回すが、里香のワガママに付き合ううちにすっかり彼女に惹かれていく裕一。恋愛のHOW TOもわからないまま恋に落ちた若い二人・・・。

 出会いのシーンから私はヒロインの里香と自分を重ねて見入っていました。ずっと昔、初恋のころに味わったことのあるドキドキ感、好きな人の手がふと自分の指先に触れたときに体中に電気が走ったことを思い出しちゃったんです。さらに私を胸キュンさせたのは、裕一を演じた池松壮亮くんの存在かな。彼は、『ラストサムライ』でトム・クルーズの肩に乗っていた子役なんですよ。いまや、映画俳優としてめきめきと頭角を現しはじめ、背も伸びてカッコよくなっていました。ウットリ??

 物語は、二人の純愛と並行して夏目という医師が愛する妻を病気で亡くし、すっかり時が止まった男の悲哀も綴られていくのですが、本作は“ずっと”人を想う気持ちがいろいろな形で描かれていきます。また、この物語の後半に仕掛けられたトリックには驚きましたが、この思いがけない展開がより深く感動へと誘うのです。

写真
ストーリー

高校生の裕一(池松壮亮)は、入院先の病院で心臓病の里香(忽那汐里)と出会い惹かれあっていく。一方、2人が入院する病院の医師の夏目(大泉洋)は、最愛の妻を病気から救えず失意の中にいた。

 2月に開催された「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で夏目役の大泉洋さんと監督にインタビューをした際に、「前作の『アフタースクール』といい、ボクはいつも話せない役なんだよねぇ」、「ついに純愛物語の話が来たかと喜んでいたら、俺じゃなかったし(笑)」。初のシリアスな役については「ボクはものすごい引きずり屋さんなの。歳を重ねる毎にどんどん重くなっちゃってね。だから役に入り込めたのかって?ん?まぁ気持ちはわからなくもないけど・・コラぁ!」と、独特の間合いのおしゃべりで大いに笑わせてくれました。

 この作品は全篇伊勢市を中心に撮影したため、休撮日は町を散策し、お気に入りの伊勢うどん屋を見つけたとか。伊勢市は神様が見守るスピリチュアルな町と監督と共に絶賛してましたよ。作品に登場し、若い二人の恋をよりドラマチックにさせる実在の砲台山は、カップル必須の恋愛成就の場所になったりしてね!(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 半分の月がのぼる空

  • 監督深川栄洋
  • 出演池松壮亮/忽那汐里/大泉洋
  • 公開3/27(土)~伊勢進富座にて先行上映
    4/3(土)~ゴールド劇場ほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。