お友達映画一覧
お友達映画

eatrip

映画館
eatrip
おすすめお友達映画
写真

食べるということこそ、
生きること。人生は食べる旅!

 フードクリエイティブ・チーム「eatrip」を主宰し、さまざまなメディアで幅広く活躍するフードディレクターの野村友里さんが初監督をつとめた新しい形の食のドキュメンタリー。

 ある山奥の家庭で大事に育てられている鶏が、飼い主の手によって絞められ、飛び散った羽根が空を舞う。そして、場面が切り替り、柔らかな日差しのさす台所でキレイに始末された鶏のボディを手際よく丁寧に処理をし、ご馳走に仕立てていく。その心地良い調理音とテンポ良い手作業からは、鶏に対する敬愛の念が感じられます。 「ああ、私たちは、生きているんだ!」「私たちはいきものを食べているのね」。本作はそんな本来当たり前のことを、調理する映像と音だけで生々しく伝えるところから始まります。

 「あなたにとって、食ってなんですか?」の問いに築地魚河岸鮮魚仲買人、老舗カツオ節問屋の主人、バレエダンサーの首藤康之、歌手のUA、俳優の浅野忠信、大本山池上本門寺の住職らが、淡々と答えていく。 年齢や職業、環境を問わず、毎日を生きる人たちへの“食”との向き合い方についてのインタビューは興味深く、それぞれの“食”に対する思いからその人の育った背景や人生哲学までもが垣間見え、とても興味深かった。

写真
ストーリー

幅広く活躍するフードディレクターの野村友里。人間にとって欠かすことができない食という行為と、そこから生まれる感情の軌跡に興味を抱き、自らカメラを手に年齢や職業そして環境も異なる人々へ、食との向き合い方についてのインタビューを試みる。

 映画の中で90歳の池上本門寺のご住職が「五感を使って食べること」の大切さを説いており、この映画はまさに五感を使って食について考えさせられます。リアルな映像によってその触感、香り、味さえもが伝わってくる。実際にこうして文章を書きながら映画の内容を思い出すだけで、お腹が空いてきちゃいますもの。

 人と食を巡り、人と食を考える極上のひととき。食べるということこそ、生きることであり、人生は食べる旅。食事をするということが、どんなにステキなことなのか改めて感じさせられました。鑑賞後は “ごはん”に感謝したくなる・・そんな映画です。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ eatrip

  • 監督野村友里
  • 出演UA/千宗屋(武者小路千家・15代家元後嗣)/浅野忠信/浅野順子/内田也哉子
  • 公開12/19(土)~伏見ミリオン座にて
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。