お友達映画一覧
お友達映画

パイレーツ・ロック

映画館
パイレーツ・ロック
おすすめお友達映画
写真

実在した海賊放送局を描く
ゴキゲンな60'sムービー

 楽しかった!大いに笑ってスカっと爽快気分。帰り道も、家に着いてからもずっと体でリズムを刻んでいた。まんまと海賊放送局の個性的なDJ8人と60'sロックにハマッちゃいました。

 1966年、ブリティッシュ・ロックが絶頂期だった頃、イギリスでは民放ラジオ局が認可されていなかったのです。英国BBCラジオが流すのはクラシックや ジャズばかり。ポップ・ミュージックの放送は1日45分間に制限。“もっと聴きたい。もっと聴かせたい”と、北海に飛び出し、イギリスの法律が適応されなくなる距離まで沖合に出て、停泊した船の上から放送する海賊ラジオ局が生まれたのです。海賊ラジオ局は1日24時間ロックをかき鳴らし、国民の大半を熱狂させていたのです!

 ドラッグと喫煙で高校を退学させられたカールは更生のために、名付け親であり、母の旧友であるクエンティンの船に預けられることに。その船というのが、「海賊ラジオ局ラジオロック」。それこそが国中をスィングさせている張本人! 物語はカールの成長を核として、彼の目線から描いていく群像劇となっています。

写真
ストーリー

高校を退学処分となった18歳のカール(T.スターリッジ)は、社会勉強の目的で、海賊放送局に乗り込むことに。自由奔放なロックDJたちの乱痴気騒ぎにつきあい失恋も経験。さらには政府の取締にも抵抗しつつ大人へと成長していく。

 登場する8人のDJ達の個性的なこと! 電波のカリスマ、お人好し、皮肉屋、沈黙、キザ、実直、無口なDJ?! 性格は違いますが誰もが音楽を愛し、マイクロフォンからメッセージを送り続ける。彼らの破天荒でオバカ全開、男子校的なノリを見ているだけでも楽しいのですが、彼らの結束の堅さもなかなかドラマチック。この海賊放送局を取り締まる政府のおエラ方をやりこめるべく、反骨スピリットで対抗する様も痛快です。

 流れるローリング・ストーンズ、キンクス、フー…等60年代音楽はどれもノリがよくて、特にストーンズの「夜をぶっ飛ばせ」はただ、ただ感激! ロックの隆盛期である60年代の楽曲を大々的にフューチャー。だれもが耳にしたことのあるロック&ポップスに酔いしれてみて。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ パイレーツ・ロック

  • 監督リチャード・カーティス
  • 出演フィリップ・シーモア・ホフマン/ビル・ナイ/リス・エヴァンス/ケネス・ブラナー
  • 公開10/24(土)~TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、伏見ミリオン座ほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。