お友達映画一覧
お友達映画

のんちゃんのり弁

映画館
のんちゃんのり弁
おすすめお友達映画
写真

空回りばかりの子持ち主婦の
やり直し人生を描いた奮闘記

 幼稚園ママの間ではデコ弁当が大流行。弁当男子もあらわれて世の中お弁当ブームなのでしょうか。最近、自分ではお弁当を作りませんが、こののり弁を見たら作りたくてウズウズしてきた。劇中に登場するのり弁は、「めがね」「プール」「南極料理人」のフードスタイリスト飯島奈美が製作していて、“6層のり弁”や“イタリア国旗のり弁”ほか、楽しいお弁当ばかりで目にもオイシイ。どんな具材が使用されているか、ストーリーの途中でアニメ仕立てに図解されているのでおもわずメモっちゃいそうだった。

 いきなり、食べ物の話で失礼。物語の主人公は「のり弁」ではありません(笑)。自称小説家というダメ亭主に離婚届をたたきつけ、娘ののんちゃんを連れてやり直し人生に踏み込む31歳、資格もお金もないゼロからスタートする小巻のハートフルストーリー。

 亭主の元から飛び出してはきたものの、威勢はいいけど無鉄砲、無計画でひらめきだけで突き進む小巻。周囲に迷惑を掛けながらも自分が本当にやりたいことを見つける姿は、あぶなっかしくて見ちゃいられない。そんな小巻にも特技があったのです。娘ののんちゃんのために作ったのり弁が大好評!“安くて美味しいお弁当屋”を開くという新たな目標に向けて、再スタートをきることに。

写真
ストーリー

ダメ亭主に愛想を尽かし、下町の実家に出戻った永井小巻(小西真奈美)と娘のんちゃん。小巻の就活はうまくいかず、生活も困窮。得意の弁当作りで新境地を開こうと決意した小巻は、小料理屋に修行に行くことに。

 ヒロインの小巻を演じる小西真奈美がとってもチャーミング!下町育ちの威勢のいいセリフは今までにない役どころでなかなか魅力的なのです。人と人との繋がり、商店街、神社、公園、飲み屋街と、下町独特の雰囲気が実に生き生きと描かれていて、すっかり自分もこの町の住民になったような気分にさせてくれる。また、芸達者な役者が勢揃いで小巻の母親に倍賞美津子、居酒屋の主人の岸部一徳、小巻の幼なじみの村上淳、ダメ亭主の岡田義徳らが、自然に下町の風景に溶け込んでいるのもポイント高し!

 お弁当から伝わるぬくもりや喜びは誰もが経験したこと。観た後、きっと誰かに愛情弁当を作りたくなるはずです。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ のんちゃんのり弁

  • 監督緒方明
  • 原作入江喜和
  • 出演小西真奈美/岡田義徳/村上淳/岸部一徳/倍賞美津子
  • 公開9/26(土)~名演小劇場にて
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。