デート映画一覧
デート映画

96時間

映画館
96時間
おすすめデート映画
写真

“最強の親父”が96時間
ノンストップで大暴れ!

 世の中のお父さんにとって、娘というのは特別な存在なのですね。私の友人たちも「嫁になんて絶対やらない」と言い放ちながら、愛娘が笑顔で写っている待ち受け画面を見せメロメロ顔になっています。「そのうち、お風呂なんて一緒に入ってくれなくなるよ」、「パパ汚いとか言うんだよ」、と脅すと真剣に怒っちゃうから面白いデス。

写真
ストーリー

初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐された17歳の少女キム。元は政府の秘密工作員であり、裏社会に精通している父親(リーアム・ニーソン)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意し、犯人一味のもとへ単身で乗り込む。

 さて、本作の主人公ブライアンにも17歳になるキムという娘がいます。娘にとってはかなりウザくて口うるさい父。ある日、キムがパリへ友人と旅行へ行きたいと言います。17歳の娘を親の同伴無しで海外旅行に行かせるのは心配ですが、嫌われたくない一心で渋々承諾。ところが、パリに着いたとたん、キムが何者かに誘拐されてしまうのです。ほらごらん!と言わんばかりに、元スパイという闇キャリアを発揮して、心優しき父親が冷酷で手段を選ばない追跡者へと変貌し、たったひとりで異国パリに潜入。人身売買の裏組織から命をかけて愛娘を救い出します。

 テレビドラマシリーズ『24』の“最強の親父”ジャック・バウアーも娘の為に闘っていましたが、本作では『24時間』どころかその4倍の『96時間』、しかも手助けしてくれる人もいない。

 父ブライアンは、娘以外は眼中になく、なりふり構わず、もう誰も手もつけられないほどの暴れっぷりで、敵を片っ端から倒しまくる、友人の気立てのいい妻さえも撃ってしまうのには驚いた! しかし、物語が進行するにつれて、愛する娘の為に闘う“最強の中の最強親父”をいつの間にか応援していました(笑)。 世のお父さん、お父さん予備軍にぜひ見てほしい映画ですよ。

 父親役はあまり表情の変わらない、落ち着いた声の「シンドラーのリスト」「バットマン・ビギンズ」の名優リーアム・ニーソン。この意表を突いたキャスティングも大正解です! (映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 96時間

  • 監督ピエール・モレル
  • 出演リーアム・ニーソン/ファムケ・ヤンセン/マギー・グレイス
  • 制作・脚本:リュック・ベッソン
  • 公開8/22(土)~ピカデリーほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。