デート映画一覧
デート映画

ノウイング

映画館
ノウイング
おすすめデート映画
写真

SF&ディザスタームービー、
ミステリー好きな人必見!

 最近のニコラス・ケイジ主演作品のなかで予想外におもしろかったのが本作。  物語は1959年から始まります。マサチューセッツ州にある小学校の開校を記念する式典で、生徒たちは「未来予想」をした絵をタイムカプセルに入れて埋めますが、女生徒ルシンダが絵ではなく、数字を紙両面一杯に書き並べたものをカプセルに入れたのです。

 このオープニングはとても不気味で『シックス・センス』や同様のミステリー映画の要素を含み、興味を引きつけます。さてさて、一体その数字は何を意味するのか・・・。

 それから50年後、ニコラス・ケイジ扮する天体物理学教授の主人公ジョンの息子ケイレブは、小学校の50周年祭に出席します。50年前の生徒達が書いた絵が、現在の生徒達にそれぞれ一枚ずつ配られるのですが、ケイレブはルシンダの書いた紙を手にしてしまうのです!ジョンはその数字に興味を抱き、それが未来の悲惨な災害や事故について、いつ、何人の人間が死ぬかを予言したものであると気付いたのです。

写真
ストーリー

小学校で掘り起こされた50年前のタイプカプセルの中に、50年間に実際に起こった大事故や大災害を予言していた紙片を発見した大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)。彼はその予言に記されたこれから起こる悲劇を食い止めようと奔走するが・・・。

 CGも迫力満点で、さらにグラフィックの完成度は非常に高く、映像を見るだけでも一見の価値ありです。特に印象に残っているのは飛行機墜落のシーンで、墜落した後も飛行機が爆発したり火あぶりになる人がいたり、残酷な映像が続き、まだこれから凄い事が起るのではないかという予感がします。電車が脱線してホームに激突するシーンも圧巻でした。電車が自分に向かってくるような気がしておもわずのけぞりましたもん。

 ミステリーではじまり、それから『アルマゲドン』的展開をし、さらに家族愛も描くという多くの要素を含んだエンタテイメントに仕上がっていますよ。ぜひデートムービーでどうぞ! (映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ ノウイング

  • 監督アレックス・プロヤス
  • 出演ニコラス・ケイジ チャンドラー・カンタベリー ローズ・バーン
  • 公開7月10日(金)~ミッドランド スクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。