お友達映画一覧
お友達映画

デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~

映画館
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~
おすすめお友達映画
写真

騙しのテクニックは恋のテクニック?!

 最近の大ヒットアクション映画といえば「ジェイソン・ボーン」シリーズ。ストーリーテリングの妙もさることながら、マット・デイモンをはじめてカッコイイ!と思った作品でもあります。このシリーズ3部作を成功に導いたのは脚本家のトニー・ギルロイ。彼の初監督作品はわたくしの愛するジョージ・クルーニ様が主演の「フィクサー」で、心にジーンとくる重厚な人間ドラマを作り上げ、いきなりアカデミー賞7作品ノミネートされましたね!そんな彼が監督・脚本を務めた最新作は、なんとコメディタッチのスパイ映画。お決まりのスパイ映画の雰囲気を漂わせながらも、ラブコメともとれる新感覚のスパイ作品に仕上がっています。

写真
ストーリー

MI6のレイ(クライヴ・オーウェン)とCIAのクレア(ジュリア・ロバーツ)は、他国の諜報部員として5年前に出会ってから腐れ縁の仲。互いに「実は騙されている?」という疑問を持ちながらも離れられない2人は、政府の仕事をやめて企業スパイに転身するが・・・。

 そもそもスパイというと、国の諜報部員が政府とマフィアがらみの事件に巻き込まれるというのがよくあるパターン。本作は産業スパイという謎めいた職業にスポットを当て、軍事企業やIT企業ではなく、私たちの生活に密着した日用品メーカーが舞台となっていますので、スパイを身近に感じられます。

 タイトルの”デュプリシティ”とは1つの物や事に表裏の2面性がある事を意味しています。でも、この物語には2つだけではなく幾つもの層が重なり合っていくの。主人公たちは大まじめな顔で嘘をつき、ひょっこり意外な事実を明かしつつも、さらに嘘を重ねていくので観る側はコロっと騙されちゃう。

 業界のトップを争うライバル会社にそれぞれ雇われたスパイを演じるのは、クライヴ・オーウェンとジュリア・ロバーツ。互いに騙し合うシーンは、好きな人につい意地悪してしまう愛情表現のようで微笑ましい。騙し合い過ぎて互いの何を信じて良いのか分からなくなるのですが、それもまた好き同士であるからに他ならないってことでしょうね。スパイ映画としても大人のラブコメとして大いに楽しめる快作です。 (映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~

  • 監督トニー・ギルロイ
  • 出演ジュリア・ロバーツ/クライヴ・オーウェン/トム・ウィルキンソン /ポール・ジアマッティ
  • 公開5/1(金)~名古屋ピカデリーほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。