デート映画一覧
デート映画

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

映画館
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
おすすめデート映画
写真

犬好きじゃなくても見て欲しい
おバカなマーリーの素敵な物語

 空前のペットブームですが、みなさんは犬派?猫派?それとも爬虫類派?(笑)私は猫派ですが、実家にワンちゃんがいたので犬も好き。何にしてもペットたちは大切な家族ですよね。

 映画の中のやんちゃで手の焼ける犬マーリーは、無邪気で愛情豊かで自分の気持ちにとっても素直。生きる喜びをほとばしらせ、ありのままに生きているマーリーは観る者を幸せにしてくれます。「手のかかる子ほど愛情が湧く」といいますが、手のかかる子から学ぶことも多くて、愛情の注ぎ方から、自分がちゃんと接しているかまで、気づかされることも多いと思いません?

写真
ストーリー

新聞社でジャーナリストとして働く新婚夫婦のジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェニー(ジェニファー・アニストン)は、子育ての練習のため、犬を飼うことを決意。しかし、やって来たマーリーは、手に負えないほどやんちゃでおバカな犬だった!

 飼い主のオーウェン・ウィルソンとジェニファー・アニストン扮する夫婦は、子育ての練習にと、頭のいいと言われるラブラドール・レトリバーを選んだのですが、みるみるうちに大きくなり傍若無人なエネルギーとデカイからだで数々の騒動を起こすマーリーに振り回されっぱなし。待ち望んだ出産、子育て、転職と人生の転機を支え合っていく二人に、マーリーは大切なことを教えてくれるのです。

 犬のマーリーを軸にして展開していく物語ですが、単なる「犬の映画」として片付けないでほしい。テーマは結婚生活&家族で、キャリアと家族のバランスの取り方を描き、夫婦の成長を見事に表現していきます。

 妻は3人の子育てに、夫は夢と違う仕事に就いて、イライラが募り夫婦の仲が最悪になったとき、マーリーを手放すことも考えますがいつしか二人は気づくのです。おバカなマーリーがいつもそばにいて、どれほど家族にとって最高の人生を贈ってくれたかということを・・・。ああ、涙がとまりません。マーリーをギュと抱きしめたい! (映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

「文庫本の紹介は コチラ

データ マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

  • 監督デヴィッド・フランケル
  • 出演オーウェン・ウィルソン/ジェニファー・アニストン/エリック・デイン
  • 公開3月27日(金)~伏見ミリオン座、TOHOシネマズ名古屋ベイシティほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。