デート映画一覧
デート映画

少年メリケンサック

映画館
少年メリケンサック
おすすめデート映画
写真

全てのキャストの言動から、
目が離せない宮藤ワールド!

 初監督作品からから4年、多彩なジャンルで活躍するクリエーター宮藤官九郎の監督2作目がついに公開。監督ならではのオリジナリティと疾走感、そして笑いがてんこ盛りで、冒頭からテンションは最高潮。ラストまで一気に突っ走り、スカッとした気分にさせてくれます。

 レコード会社に勤めるやる気のないOLかんなとオッサンバンド「少年メリケンサック」の全国ツアー(=珍道中)を軸に、バンドメンバーの兄妹の仲違いや、バンド誕生秘話、さらにはバンドの昔を知る人のインタビューを挿入するなど、アーティストのドキュメンタリー風の構成はお見事!

 これまでも役者の意外な表情を引き出してきた監督ですが、今回ヒロインに迎えたのは「篤姫」の好演が記憶に新しい宮﨑あおい。「ええっ、これがあのあおいちゃん?!」と思うほどの見事なハジケっぷりを見せています。先日のインタビューの際、「楽しくて終わりたくない撮影でした」と、あおいちゃんも撮影中に壊れていく自分が面白くて仕方がなかったみたい。監督は「大人計画に入らない?」と真剣に誘うほど、そのコメディエンヌぶりを絶賛していました。

写真
ストーリー

レコード会社に勤めるかんな(宮﨑あおい)は、動画サイトでイケメンパンクバンドを見つけ契約に行くが、動画は25年前のものだった。しかし、あっという間にサイト上で人気が爆発。かくして、ダメOLとオッサン達によるライブツアーが幕を開ける。

 また、日本一の正統派ダンディ俳優佐藤浩市まで宮藤監督の手にかかると、あそこをボリボリ掻くわ、人前でオナラするわ、エロ本みてニヤけるわ、不潔オヤジに大変身。公開中の映画「誰も守ってくれない」と比較して観ると、浩市様の演技の幅に驚きます。

 俳優陣の個性がぶつかり合えば合うほど、破壊的な面白さを増す宮藤作品。あおいちゃんと浩市様はもちろん、他のバンドメンバーのオッサン3人から脇役に至るまで、キャストの言動は細部までこだわっているので、繰り返し観ると新たな発見がありますよ。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 少年メリケンサック

  • 監督宮藤官九郎
  • 脚本宮藤官九郎
  • 出演宮﨑あおい/佐藤浩市/木村祐一/田口トモロヲ/三宅弘城
  • 公開2月14日(土)~ピカデリー、109シネマズ名古屋ほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。