お友達映画一覧
お友達映画

余命

映画館
余命
おすすめお友達映画
写真

他人事とは思えない! 女性なら誰もが共感できる愛と命の物語

 本作は1人の女性の生き様を通して「生」を感じさせてくれる作品です。なんというのか、泣きのポイントが通常の病気ネタ映画とは違うと思います。自分の延命か、愛する人の子供を残すのか。主人公滴の葛藤と絶望の末の苦渋の決断は、同じ女性として考えさせられました。

写真
ストーリー

外科医の滴(松雪泰子)は、結婚10年目、38歳にして初めての子供を授かるが、時期を同じくして結婚前に患った乳ガンが再発してしまう。子供を諦め治療に専念するか、体を犠牲にして子供を産むか。滴は究極の選択に迫られる。

 結婚10年目にしてやっと授かった命。病気のことを言えば、誰もが子供を産むことを反対するだろう。子供を産んだとしても余命数年で子供を育てることが出来ない。医者という職業故に様々な死を見て家族の悲しみを知っているからこそ最愛の人には言えなかったのだろうか。滴はご主人にも友人にも病気のことを隠して1人で答えを見つけていきます。

 皆さんだったらどうしますか?反対されてでも命をつないでいく勇気はありますか?

 滴は答えを出すため、故郷である奄美の小学校に出向いたり、幼少の頃に遊んだ海を見つめたりと様々な行動に出るのです。そして、10年前に失った片方の乳房の痛々しい手術跡の上に、さらに再発を意味する赤い発疹を見つめながら、鏡に向かって「後悔しませんね、百田滴さん」と、自分が自身の患者のように問いかけ、決断をするのです。このシーンが一番切なかった。

 先日の取材の際、松雪泰子さんに「『デトロイト・メタルシティ』で傲慢で下品な役を演じたと思ったら、次はシリアスな役と、短期間で真逆な役どころを見事に演じられましたね!」と言ったら「私もそう思います(笑)」と。滴役については役に入りすぎて、感情がセーブできなくなったこともあるとか。この映画を機に自分の体や命について考えるようになったそうです。私も同感!早く検診にいかなくちゃ。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 余命

  • 監督生野慈朗
  • 出演松雪泰子、椎名桔平、奥貫薫、林遣都、市川実和子
  • 原作:谷村志穂「余命」(新潮社)
  • 公開2月7日(土)~109シネマズ名古屋、伏見ミリオン座ほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。