デート映画一覧
デート映画

ブロークン・イングリッシュ

映画館
ブロークン・イングリッシュ
おすすめデート映画
写真

全ての女性に贈りたい。リアル
&ロマンチックラブストーリー

 『ブリジットジョーンズの日記』という映画を憶えていますか?30代独身女性の生活ぶり、恋愛などをコメディタッチで描き、女性の共感を得て大ヒットした作品です。男性陣から‘まったく理解できない’と不評だったのは、自分の彼女や理想の女性がだらしない生活を送っているのを信じたくなかったのかな。恋に破れた時くらい、グダグダになってもいいじゃないのねぇ。

 さて、本作は『ブリジット~』よりもリアルに女性の複雑な内面を描いています。劇中で、老紳士が主人公のノラに「まずは自分の中に愛と幸せをみつけること」と助言していますが、自分自身を見つめ直すことで、想いを寄せている相手に対して、自信を持って自分をさらけ出すことができると思うの。ノラと同様の悩みを抱えている人は、この作品は必見。きっと勇気と元気をもらえます。

写真
ストーリー

NYのホテルで働くノラは、30代で独身。男性とつきあっても失敗ばかりしている彼女は、ある日フランス人のジュリアンと出会う。猛アタックしてくる彼に少しずつ気持ちが傾くが、傷つくのが恐くて彼の愛を受け入れられない。

 前半は女性の心にズサリと突き刺さる恋に不器用な30代独身女性のエピソードをリアルに見せ、後半はロマンチックな恋物語に変化していきます。突如自分の前に現れたフランスきってのイケメン俳優メルヴィル・プポー演じるジュリアンに猛アプローチをかけられるけど、失敗を恐れて躊躇してしまうノラ。

 え~!なんちゅーもったいないことを・・。あのフランスきってのイケメン俳優メルヴィル・プポーですよ! プポーに迫られたらとりあえず「行け!」(笑)。

 プレイボーイだけど自然体で、ストレートに気持ちをぶつけていくプポーがチャーミングなの。男子はこの映画を観て、女子の恋心を学び、プポーのスマートなエスコートぶりをぜひお勉強していただきたいものです。 (映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ ブロークン・イングリッシュ

  • 監督ゾエ・カサヴェテス
  • 脚本ゾエ・カサヴェテス
  • 出演パーカー・ポージー/メルヴィル・プポー/ジーナ・ローランズ
  • 公開12/13(土)~伏見ミリオン座にて
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。