デート映画一覧
デート映画

252 生存者あり

映画館
252 生存者あり
おすすめデート映画
写真

不屈の脱出劇と決死の救出劇
圧倒的なスケールの感動巨編

 世界最大の国際保険会社によると、日本は‘自然災害に対して世界で最も危険な都市’に認定されているとか。そこで、もし東京を史上最大規模の巨大台風が直撃したらどうなるのでしょう?!本作では、衝撃のリアルシュミレーションとして自然の猛威を、また極限状況の中で災害に立ち向かおうとする人間の姿を「生還」と「救出」の双方向から描いていきます。

 映画が始まってすぐに私がパニックになってしまいましたよ。東京・銀座駅に洪水が流れ込み、あっという間に出口が崩落、すさまじい勢いの鉄砲水が人間を飲みこんでいく。もし、自分がその場所にいたら?!と危機感をあおられ、まるで自分が体験しているかのようなリアルな映像に、このまま最後まで観こたえられるか不安になった。「ディ・アフター・トゥモロー」「ハリケーン」など、自然災害パニック映画は数多く観たけれど、これほどまでに自然に対して恐怖を感じた映画はありません。本作は躊躇せず、自然災害時のすさまじさをこれでもかこれでもかと見せつけてくるのです。

写真
ストーリー

関東に直下型地震が発生して数週間後、その影響で巨大台風が発生。元ハイパーレスキュー隊員の祐司(伊藤英明)は、娘(大森絢音)の誕生日を祝うために、妻(桜井幸子)と銀座で待ち合わせをしていたが、突然巨大なヒョウが降ってきて……。

 地下に閉じこめられながらも生き抜く為に必死に「252」の信号を送る人々の脱出劇を見守りながら、地上で決死の捜索活動を続け、生存者を絶対に助けたいと願う隊員たちの心意気に感動しました。

 主演の伊藤英明は、元ハイパー隊員ではあるけど家族を持つ普通のお父さん役。娘の安否を伺うその優しい眼差しは、今までの青春野郎を演じていた彼とは全然違って、とても頼もしかった。また、聾唖の娘役、大森絢音ちゃんの名演技にはぐっと泣かされた!(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

※252とはハイパーレスキュー隊員の間で使われる「生存者あり」を意味する信号。

データ 252 生存者あり

  • 監督水田伸生
  • 出演伊藤英明/内野聖陽/山田孝之/木村祐一/桜井幸子
  • 公開12月6日(土)~ミッドランド スクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。