デート映画一覧
デート映画

ハンサム★スーツ

映画館
ハンサム★スーツ
おすすめデート映画
写真

笑えるデートムービーの決定版Let'sスマイル! Let'sハンサム!

 お笑い界のブサイク代表、ドランクドラゴンの塚地武雅が、‘ハンサムスーツ’を着るだけで、完璧なハンサム谷原章介に大変身!?そんなスーツがあるならすぐにでも彼や旦那様に着せたいと思いませんか?「男は顔じゃない」と、わかっちゃいるけど、谷原級の‘ハンサム’が目の前に現れたら心ときめくのが女心なのです!

写真
ストーリー

定食屋を経営する心優しい琢郎(塚地武雅)の悩みはブサイクなこと。そんな彼がアルバイトの寛子(北川景子)に恋するがあっさりふられてしまう。ある日、着るだけでハンサムになるスーツを手に入れ、超スーパーハンサムに大変身。驚きのハンサムライフが始まるが・・。

 谷原章介がハンサムスーツという名のスーツだったらという発想からして面白いのに、さらにそのスーツが「洋服の青山」に売っているという設定に大爆笑。主人公の二人(同一人物なんですけどね)がイチイチ面白くて、最後まで笑いのテンションが落ちることなく楽しませてくれます。

 この破天荒なアイディアの生み出したのは、「ブスの瞳に恋してる」の鈴木おさむ氏。妻の大島美幸(森三中)も重要な役どころで出演しています。鈴木氏の趣味で80年代のヒット曲やギャグも満載。私のお気に入りは、塚地の80年代ヴィンテージギャク!見た目は谷原章介だけど中味は塚地という設定だから、ハンサム時に連発する「コマネチ!」などのギャグはあの超ハンサム谷原章介が披露しているのです。彼のはじけっぷりが最高に笑えます。思いっきり笑ったあとは、本当の‘ハンサム’の意味がわかり、目の前にいる旦那さんや彼のことがさらに愛おしくなるかも!?(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ ハンサム★スーツ

  • 監督英勉
  • 脚本鈴木おさむ
  • 出演塚地武雅/谷原章介/北川景子/大島美幸
  • 公開11月1日(土)~センチュリーシネマ、名古屋ピカデリー、TOHOシネマズ名古屋ベイシティほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。