お友達映画一覧
お友達映画

白夜行

映画館
白夜行
おすすめお友達映画
写真

東野圭吾最高峰小説を映画化
若手実力派二人の演技は圧巻

 原作は東野圭吾原作の最高峰と言われ、東野作品の中でもアンケートでも常に人気ナンバー1の同名長編ミステリー。

 大阪で起きたある殺人事件の容疑者の娘雪穂と被害者の息子亮司の周囲で起こる不可解な事件を通して、人間の心の闇をえぐり出していく。
 TVドラマ版では、事件後に雪穂と亮司が何度も顔を合わせますが、映画では、二人は一切顔を合わせません。その上、二人が何を考えているのか内面が描かれていないという特殊なミステリーで、ある意味原作に忠実ともいえますね。

 堀北真希が演じる雪穂は並はずれた美貌を持つウラ側で、底辺からのし上がる為に自分の手を汚さずに周囲の人間を不幸に陥れる究極の悪女を演じ、一方雪穂に献身的な愛を捧げる高良健吾が演じる亮司のナイフのように鋭い視線を持ち、観る人をゾクゾクさせます。

写真
ストーリー

昭和55年、質屋の店主が殺されるという事件が起きるが、被疑者死亡のまま未解決に。当時の担当刑事笹垣(船越英一郎)は、何か腑に落ちないものを感じていた。数年後、容疑者の女の娘雪穂(堀北真希)は美しく成長し、一方質屋店主の息子(高良健吾)は事件後姿をくらましていた。

 今回、堀北さんと高良さんは長い撮影の中で1度しか顔を合わせたことがないという特殊な共演。子供時代の子役が撮影しているところにいってその時の二人の感覚を覚え、常にお互い心に想うようにして演じたそう。難役なのに、さらに共演者はそばにいないという状況は大変だったんじゃないかな。二人の表現力はこの映画の最大の見どころですよ!

 先日の舞台挨拶では、堀北さんが昨年の夏に名古屋にふらりと女子二人で旅行に来た話をしてくれました。名古屋城や名古屋港水族館に行ったそうで、名古屋城ではよく観光地にある顔を入れる記念写真パネルで写真も撮ったとか。
 お互いの印象について聞いたところ、堀北さんは「高良さんはシャイ」、高良さんは「堀北さんは常にプロ根性のある人」と、べた褒め。
 高良さんに褒められて照れる堀北さんもキュートでしたが、いつもいっぱいいっぱいだという高良さんに「年上なのにちょっと堀北さんに頼りすぎ!」と、ソフトに喝をいれたらほんとに悪そうに謝っていました。ピュアなひとです(笑)。

 濃厚な人間ドラマとこだわりの映像などもあるので、ぜひスクリーンで観てください。(映画パーソナリティ・松岡ひとみ)

データ 白夜行

  • 監督深川栄洋
  • 出演堀北真希/高良健吾/船越英一郎/戸田恵子
  • 公開1/29~ミッドランド スクエア シネマほか
松岡 ひとみ  Hitomi Matsuoka  (映画パーソナリティ)  TV、ラジオ、雑誌で新作映画をナビゲート。試写会や舞台挨拶などの司会も務める。オピ・リーナ読者に向けて、独自の視点から「デート映画」と「お友達映画」を紹介します。