オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
澤田貴美子の「つながる“いのち”」
澤田貴美子の「つながる“いのち”」

第90回 『つながるいのち』

2018年もあとわずか。 特に今年は、平成最後の年ということもあり、例年以上に感慨深い年末の日々ですね。 この1年を振り返るとともに、最終回のコラムで綴りたいこと。 このコラムのタイトル『つながるいのち』です。

妊娠前から、妊娠中、出産、産後、育児、思春期、更年期まで、その方に寄り添うサポーターとしての活動をさせていただいている日々の中で感じていること。
それは、ただただ、「すべてのいのちが、幸せにつながっていきますように」という想い。

ちょっと自分自身のことを振り返ってみたいと思います。
私自身、4回の出産を経験しているのですが、3人の子どもを出産後、体重増加したままの自分をなんとかしなくちゃ、と産後ダイエットのためにフィットネスクラブに入会しました。夫に子守をお願いして。
ありがたいことに、夫は快く子どもたちの面倒を見てくれて、おかげで私も10kgのダイエットに成功。定期的に運動を続けることが出来たおかげで、ますます体力もUP。ココロの健康、カラダの健康の大切さを実感し、毎日毎日育児に奮闘する日々。

そんな中、ふと思ったのです。
「私は、こうしてフィットネスクラブで運動出来るけど、考えてみたらママが運動出来る場所ってなかなかない」
その頃は、子連れで運動出来る場所って、あまりありませんでした。

「ママが子連れで運動出来る場所を作りたい!」

その想いで、エアロビクスインストラクターの養成学校に半年間通い、指導資格を取得。
フィットネスクラブや公共施設などで、フィットネスインストラクターとして、エアロビクスやアクアビクス、ダンベルクラスなどを担当する傍ら、ママが子連れで運動出来る場所として、エアロビクスサークルを立ち上げました。

そんな日々の中、ある時、知り合いの助産師さんに、「せっかくだから出産の経験も生かして“マタニティフィットネス”に関わってみたら?」とすすめていただいたことがきっかけで、マタニティフィットネスの道へ進むことに。
そこから、マタニティフィットネス関連の資格取得の日々。
妊婦さんの運動、マタニティビクスにマタニティヨガ。産後ママの運動、アフタービクスや、ママヨガ。赤ちゃんの運動、ベビービクス。更年期を健康に乗り切るための運動、メノポーズケアなどなど・・・etc。

複数の産婦人科クリニックで様々なクラスを担当させていただいて、今年で20年。この間に、いろいろな出逢いがありました。そして、嬉しいこと、悲しいこと、悔しいこと。たくさんの経験が今の活動につながっています。

ある場所で、助産師さんに言われたひとこと。
「すごく楽にいいお産ばかりしてるから、お産に熱いんでしょ?」
その時は笑顔で「ははは。そんなに楽でもなかったんですよー」と返したけど、このひとことは今でも忘れられない言葉。

実は私自身の26年前の出産も産後も、とても壮絶でした。詳細を綴ると、コラムが終わらなくなってしまいそうなので、省略しますね(笑)
ちなみに、母子手帳の分娩所要時間という記載欄。20年間たくさんの方に出逢ってきた中で、私以上に長い時間が記載されている方にいまだに出逢ったことがありません。って、自慢にもなりませんが・・・。

出産も大変だったのですが、産後もいろいろとありました。自分自身のカラダのトラブル、おっぱいのことでの悩み、生後1ヶ月でのbabyの入院・・・などなど、ココロが折れそうな日々でした。

だからこそ、産前産後の様々な方向からのサポートの重要性を実感し、マタニティフィットネスの道へ進むことに使命を感じたのです。そして、運動の大切さをお伝えすることはもちろんですが、ココロのケアが何よりも大切だと感じています。

『妊娠・出産について、正しい情報を得ること、自分自身のこととして向き合うこと。
そして自分なりに納得出来る出産をすること』

出産はゴールではなく、長い長い育児への道へのスタートを切る時。
だからこそ、このスタートをどう切るかは、とても大事なターニングポイントなのではないでしょうか。

そしてやがてその新しいいのちは、次のいのちへとつながっていくのかもしれないのだから・・・。

たくさんの方との出逢いの中で、たくさんのことを学ばせていただきました。
前々回のコラムでは出産について、前回のコラムでは性教育についてを綴らせていただきましたが、いのちが幸せにつながっていくには、『いのちと性』についての学びがとても大切だということを本当に実感しています。子どもたちはもちろん、大人の学びも。

どんな出逢いも、出来事も、経験も、きっと自分の人生にとってすべて必要な大切な宝物。

これからも出逢えた目の前の方たちのサポーターとして、自分自身に出来ることをコツコツと続けていきたいと思っています。

2014年4月から綴らせていただきましたこちらのコラムもこれで最終回となります。
このような場を与えていただき、貴重な経験をさせていただいたことに、心から感謝申し上げます。そして、拙いコラムを読んでいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

『どうかすべてのいのちが、幸せにつながっていきますように・・・』

(2018年12月27日)

澤田貴美子

澤田貴美子(さわだきみこ)

フリーの産前産後フィットネスインストラクターとして、各地の産婦人科クリニックにて、妊娠中や産後、メノポーズ(更年期)の女性への運動指導・乳幼児と母親への育児支援などに従事。また、公益社団法人・誕生学協会認定“誕生学アドバイザー”として、幼児から大学生など幅広い年齢を対象に、いのちの授業「誕生学®」を届けている。

大竹敏之コラム

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る