オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
神野三枝の今日も絶好調!
神野三枝の今日も絶好調!

第15回 マイ・平和・レディ

早朝、毎朝タクシーで局に向かう私の最近の自慢は、ドライバーさんにお願いされる前にシートベルトを締められるようになったことです。2008年の道路交通法の改正により、後部座席のシートベルト着用が義務化され、最近では乗車時にドライバーさんが口頭でシートベルトの着用をお願いしています。私のように毎日タクシーに乗っているとさすがに体も覚えるもので、今では率先してシートベルトを締める癖がつきました。

これと同じで、いい加減慣れて覚えてきたといえば、誰かと食事に出かけた時、その相手がSNS用の写真を撮り終えるまでは料理に手をつけないということ。パブロフの犬ではありませんが、さすがにSNSをやらない私でもいい加減覚えるもので、今ではこちらから「写真大丈夫?」と聞くようになりました。SNSをしない人間にとっては、いちいち面倒くさくない?と思うことなのですがね。

先日などファッションビルのトイレの鏡の前で2人の若い女性がしきりに「ここの照明、綺麗に映るんだよね」と言いながら自撮りに必死でした。確かにそこは薄暗い照明に神秘的なスポットライトが差し込んで被写体が綺麗に見えるのです。でも実態はトイレの手洗い場。しかも写真に夢中で鏡の前を占領しているから周りの人から迷惑がられているのにお構いなしの状況なのですがね。(笑)

しかし、“インスタ映え”もまんざら若い人たちの一過性の流行だけではなく、実は集客のヒントがあると思うのです。SNSに写真をあげるのは、幸せそうな自分を人に見せたいからです。要するに自分が素敵であると思われる写真を人に見せ、「いいね!」と思ってもらえることを喜びに感じるのです。私の「平和」の証です。そのため若者は幸せを感じる場所に集まります。

韓国に梨花洞(イファドン)という町があります。小高い丘の上にあり、傾斜のきつい高台や階段の多い坂の上など生活環境が厳しいため、豊かな暮らしとはかけ離れたイメージの町だったのですが、2006年に住民が町改革を興し、壁や道路、町中に絵を描き、絵本から抜け出たような町に生まれ変わると、韓国中のみならず海外からも観光客が連日訪れるようになりました。やはり人は幸せを感じる場所に集まるのです。 

先日、名古屋のテレビ塔一帯のセントラルパークで行われた「ソーシャルタワーマーケット」というオシャレなイベントがありました。センスのいい雑貨や食器、小洒落たキッチンカーが所狭しとセントラルパークを埋め尽くし、お洒落な街空間に変わっていました。何より驚いたのが、来場客のファッションセンスの垢抜けていること。イベントの放つお洒落な匂いを嗅ぎつけたお洒落な人たちが集まってきているのです。まるでパリの街の一角か?と錯覚しそうでした。

美味しい匂いがすると、人は匂いにつられて集まってきます。それと同じで、集まって欲しいタイプの人たちが好む匂いを漂わせることで、求めていた人たちが集まってくる、というのをやってのけたのがそのイベントでした。

これは「人間」にも言えることだと思うのです。 自分がこの先どんな人と共に、どう生きていきたいか?と考えた時、そのイメージにあった匂いを自分から放つのです。そうすると匂いを嗅ぎつけた自分の求める人が自ずと集まってくることでしょう。類は友を呼ぶ、引き寄せの法則です。

理想とする匂いを放つこと、意識してみ・ま・せ・ん・か? (^0^)/

気負わず、焦らず、穏やかに。
さあ、今日も元気を出して、絶好調で!

(2018年11月19日)

大竹敏之コラム

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る