オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
神野三枝の“元気をあげる!”
神野三枝の“元気をあげる!”

占い好きな困った彼女

 付き合っている彼女から、ブレスレットを渡されました。手首につけていると運気が上がるものだそうで、彼女とお揃いで付けてほしいと頼まれました。前々から占いやスピリチュアルが好きな彼女でしたが、私にまで指示をするようになると、正直うっとうしく感じます。自分は占いなどに全く興味がありません。見た目や性格は好みの彼女ですが、あまりにもこういったものにはまってしまうと、今後が不安になります。どのようにしたらやめさせられるでしょうか。いっそ別れるべきですか?(缶コーヒー3杯 31歳)

 別れる前に、ブレスレットは趣味ではないことをストレートに伝えてみましょう。趣味でない理由は、(1)自分のファッションセンスと合わないこと、(2)占いやスピリチュアルに信仰心を全く感じないこと、(3)押し付けに従うほど、このブレスレットに全く興味をそそられないこと。

 あなたの個人の生き方を理解し尊重してくれる相手なら、引き下がってくれるはずです。しかしそれでも尚、このブレスレットはあなたの身を守るなどという理由で着けさせようとするならば、それはあなたを想う深い愛情ではなく、支配感情の可能性が強いかも知れませんね。

 母親が小さな子供に、アレしなさい、コレしてはダメと支配するのと同じで、女性には元来母性というのが備わっていて、特別に大切な相手に対して世話を焼くことを愛情で包んでいる行為だと思い込み、相手を守っている安心感を覚えるのです。処世術も知らない子供でも反抗期には母親の愛情を鬱陶しく思います。30歳を過ぎた社会人のあなたが鬱陶しく思うのは当然のことです。ましてや母親でもないのですから。

 世の中には、恋愛相手とお揃いの物を身に着けることを望む女性は多いです。それは二人の絆の証のようなものであり、安心できるからです。そしてそれは揺るぎない愛のお守りであり、生きる励みになるのです。しかしあなたにはそれが何もお守りでもなく、生きる励みにもならないのであれば迷惑なだけで、単なる押し付けです。押し付けとは相手への愛を理由にした自己満足です。自分の満足と、相手の感情を計りにかけた時、自分の満足を優先させる女性は生涯のパートナーとしては息苦しいかもしれませんね。

 私もお守りがあったら心が楽になるな~と感じることは多々あります。しかし自分のファッションに対するこだわりを崩してまでは取り入れたくないので、一切そういったものは身に着けません。些細なことですが、それも生き方の好みの一つだと思います。

 もし、ファッションなんかどうでもいいほど従いたい相手に出会ったのなら、それもアリかと思いますが、すべてを判った上で、彼女の愛情を取るか、自分のセンス(生き方・ファッション)を通し抜くかはあなた次第です。こうして個々が生き方の信念を分かり合った時、譲れる範囲と譲れない範囲とが各々に出てくると思います。それが明確になった時、あなたの中で、スピリチュアルにはまった生き方をやめさせた方がいい相手か?自分がこの相手から離れた方がいいのか?の判断が明確になるかと思います。

気負わず、焦らず、穏やかに。
さあ、今日も元気を出して、お幸せに!

(2018年02月05日)

大竹敏之コラム

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る