神野三枝 タレント
~お知らせ~ 「何度も何度も読みました。そして胸が苦しくなり、涙が止まりませんでした」「私にとって人生の教科書」・・・08年3月から3年にわたり連載、多くの反響を呼んだ神野三枝さんのコラム『礼状』に、新たに書き下ろしの文章を加えた自叙伝『母への礼状』が発売されました。 お問い合わせは風媒社(052-331-0008)まで。 http://www.fubaisha.com/

第36回『韓国の旅 ハリウッドスター イ・ビョンホン』

10年前、私たちは初めて韓国で制作されたというドラマを観て、心を奪われました。そのドラマ「冬のソナタ」の登場は、センセーショナルなもので、韓国にドラマがあることも、そして、それ以前に韓国の人々の日常の暮らしぶりさえも知らなかった日本人にとって、例えるなら、"寝耳に水"という表現がピッタリ当てはまるほどの驚きでした。

当時言われたのは、ストーリーが1970年代半ばに日本で制作されたドラマのようであるという表現です。我々は、たまたま初めて観たドラマを、韓国のドラマのすべてだと錯覚して、韓国は日本より20年も遅れていると誤解したのです。
韓国ドラマは純真無垢で、キスシーンはもちろんベッドシーンはありえない、暴力も無ければ、トレンディーとはほど遠い、など勝手に韓国ドラマとは?という定義を視聴者が決めつけてしまったのです。
そして、スター俳優は、ペ・ヨンジュンチェ・ジウしかいないとさえ思いこんでしまいました。"ヨン様ブーム"と言うけれど、厳密にはヨン様しか知らなかったという表現が、正しいわけです。


その後、「冬のソナタ」のヒットにより、似かよったテイストのドラマが入ってきました。そこで我々が度胆を抜かれたのが、ドラマ「美しき日々」。
主演俳優のイ・ビョンホンの存在感は、優しさと逞しさと美しさと聡明さ、すべてを持ち合わせたカリスマ性があり、日本の女性視聴者の心を奪い取ったのです。


ご多分に漏れず私も一人イ・ビョンホン祭りの日々を過ごし、当時、日本で観ることの出来た彼の作品を全部観たのでした。
そこで気付いたのが、先ほど書いた、[日本人の、韓国ドラマの勝手な定義が、いかに情報薄の中で決め込んだものだったか]という事です。
例えば、彼の出演作の中に映画「誰にでも秘密がある」という作品があります。

写真


一人の男を同時に愛してしまった三姉妹プラス母親の愛の行方を描くラヴ・コメディですが、先ほど書いた純真無垢とは似ても似つかない、強烈な下ネタのオンパレードです。
「えっ!韓国でも、こういうのありなの?」
そして「美しき日々」の繊細なイメージとは違う、ショーマン(笑マン)としての演技を躊躇なく披露しているイ・ビョンホンに驚きました。


当時NHKが放送した韓国ドラマを順に並べると、「冬のソナタ」「美しき日々」「オールイン」「宮廷女官チャングムの誓い」と続きます。その流れを作ることができたのは、2作品目「美しき日々」が、1作品目「冬のソナタ」を超える視聴率を上げた功績に尽きると思います。音楽業界でも、"2曲目の憂鬱"という言葉があります。2作品目が1作品目のヒットを超えるというのは容易な事ではないのです。その主演俳優、イ・ビョンホンさんこそが、日本における韓国ドラマの立役者と言ってもいいでしょう。


そして、3作品目も再びイ・ビョンホン主演の「オールイン」が放送され、イ・ビョンホンの日本での人気を不動のものとしたのです。


「オールイン」は、韓国では2003年度上半期NO.1に輝いたTVドラマで、平均視聴率約40%というお化け番組です。韓国はもとよりラスベガス・ロケもあり、またドラマの舞台となった韓国・済州島のホテルには詰め掛けるファンが続出するという現象も。女性はもちろん、男性にもファンが多いことが彼の人間としての魅力を物語っていると思います。
「オールイン」は、異なった環境で生まれた二人の主人公が、それぞれに違う波乱万丈な生きざまを経て、遂に双方の人生すべてをかけて最後の勝負に挑む物語。また一方で、主人公たちの運命的でせつない愛も絡み合い、純粋な感動と余韻を与える作品。主人公たちの激動の生きざまから、成功とは何かを視聴者が考えさせられる名作です。


こうして数々のヒット作を世に送り出してきたイ・ビョンホンさんは、韓国TV界では「視聴率男」と言われ、日本においても、韓流スターと言えばイ・ビョンホン!と言われるまでに、その名を轟かせたのです。


また、映画では、日本でも公開されヒットした「JSA」で主演を務めており、韓国のアカデミー賞「青龍映画賞」を受賞していることから、彼の人気が一時のブームではない事が伺えます。
その「JSA」が撮影されたのは、このタビコラの第27回でご紹介した「ヤンスリ撮影所」です。この撮影所が一躍有名になったのは、その2000年に公開された、「JSA」の撮影のために作られた板門店のセットです。
実際の板門店では撮影ができないので、韓国映画史上最大のオープンセットが作られたのです。

写真


80%の縮尺で再現された本物そっくりのJSA(共同警備区域)セットです。 このセットは「JSA」以外にも、映画やドラマ、ミュージックビデオ、CMなどの撮影に利用されています。


こうして、日本における韓流スターの第一人者となったイ・ビョンホンさんは2007年に公開された日本映画「HERO」にも友情出演を果たしています。


もともと月9のテレビドラマであり、2006年にテレビ放送された特別編のストーリーを引き継いだ内容になっています。木村拓哉主演作としての話題に加えてイ・ビョンホンの出演と、話題の多い今作品は興行収入7週連続1位を達成し、観客動員75万人、累積収益81億円で、その年の日本映画1位に輝いています。
また、ロケを行った韓国での総観客数は約25万人に上り、大ヒット映画となりました。その韓国でのロケ地は、また後日ご紹介しますので、楽しみにしていてください。


そして2009年、いよいよ世界進出が始まります。
アメリカの人気玩具G.I.ジョーのアニメ版をベースとした実写作品「G.I.ジョー」の出演オファーを受けたのです。

写真


監督はハムナプトラシリーズを監督したスティーヴン・ソマーズ。製作費は1億7500万ドルとう超ビッグプロジェクトです。彼の役は、冷酷な殺し屋ストームシャドー。
G.I.ジョーは、アメリカ政府が組織した国際機密部隊で、世界征服を企む悪の武装集団"コブラ"との壮絶な戦いを繰り広げるアクション大作です。


一方、ハリウッド進出の中、韓国でのテレビドラマ「IRIS(アイリス)」にも出演。

写真


成熟した大人の男性の、知性と野性美溢れる魅力で、高級かつ完璧なアクションドラマに仕上げたイ・ビョンホン。
その彼の鍛え抜かれた肉体は、主婦の憧れの的。冬のソナタや美しき日々で韓国ドラマにはまらなかった女性たちも、「IRIS」だけは別、という現象が起きた作品です。


そしてドラマでの成功、ハリウッド進出での成功を収めた彼が、次に仕掛けたのは、初の時代劇作品となった、映画「王になった男」への出演です。

写真


朝鮮時代の韓国を舞台に、陰謀渦巻く宮中で、王の影武者を務める平民の男が、少しずつ民のことを思いやる本当の王として尊敬を集めるようになる過程を映し出した、正義とは何かを問いただした作品です。


彼は、この作品で、暴君と道化師の一人二役を見事に演じ切っています。王としての威厳や命を落としかけて衰弱したさま、一方、夜の盛り場のお座敷芸で、卑猥な踊りを見せて笑いをとる道化師、またその道化師が次第に本物の王に変わっていく心の移り変わりをみごとな演技力で表現しています。
品格、アクション、コミカル、強靭、繊細、彼にできない役はないと、誰もが脱帽することでしょう。「王になった男」は大成功を収め、韓国歴代興行成績の第3位になりました。


当たり尽くしのイ・ビョンホンが再びハリウッドに向ったのは、2013年公開G.I.ジョーの続編「G.I.ジョーバック2リベンジ」出演のためでした。

写真


前作に続いて冷酷な殺し屋ストームシャドーを演じるイ・ビョンホンは、ブルース・ウィリスについて「とても寡黙で近寄り難い印象があったのですが、とても礼儀正しく、気づかいをして話しやすい雰囲気を作ってくださる本当にいい方です」と話しています。前作以上にアクションもパワーアップしており、彼自身も「面白い映画になる手ごたえを感じています」と話すほど、最高の仕上がりと言ってもいいでしょう。


G.I.ジョーの成功により、ハリウッドでアジア人最高の俳優としての地位を確立した彼は、ハリウッド映画「REDリターンズ」の出演を契約。この作品は2011年に公開された「RED/レッド」の続編に当たる映画で、列強の諜報機関を引退した元スパイたちの活躍を描くアクションものです。キャサリン・ゼタ・ジョーンズアンソニー・ホプキンスらが加わり、前作をしのぐアクションと手に汗握るストーリーが展開していく内容です。
イ・ビョンホンさんは自分が子供のころから見て育った方たち、演技の上では教科書といえるような俳優さんたちと共演できただけで胸が一杯だと語り、臆することなく、磨き抜かれた演技力で、作品の成功に貢献しました。

写真


そして、韓流スターと呼ぶには枠を超えてしまったイ・ビョンホンさんは、今や、アジアを代表するハリウッドスターと呼ぶにふさわしい存在となり、世界中のファンが、次は何を仕掛けてくるだろうと、楽しみにしているところです。


ちなみに、私が好きなイ・ビョンホン主演作品は、2002年韓国で公開された「純愛中毒」です。
互いに唯一の家族だった兄弟。兄が結婚し三人になった家族は、幸せで平穏な毎日を送るのですが・・・。兄弟は同じ時間に別の場所で同時に不慮の事故で意識を失ってしまう。1年後。奇跡的に目覚めた弟は義姉に自分が兄だと主張する。兄の霊魂が弟に憑依したのです。そして姿は弟、魂は兄という夫との同居生活が始まります・・・。
ここから先は、DVDでご覧ください。
とても深い内容のストーリーに、心を奪われるはずです。

写真


さて、話は戻って、彼が次に仕掛けたものとは・・・。
ファン一人一人の方と温度の感じられる交流を図りたいという思いから、日本でのファンミーティングを敢行したのでした。


その初日となったのが、2月3日、日本特殊陶業市民会館フォレスタホールで開催された「LBH ON TOUR 2014」名古屋公演です。
会場には、この日を待ち望んでいた多くのファンが大挙して、開演前は驚くような長い行列ができました。

写真


胸を高鳴らせて入った会場は・・・。
思わず、声が出てしまったほど、イ・ビョンホンさんのダンディーなイメージにふさわしい、きらめくシャンデリアとレッドカーペット。ハリウッドのレビューショーを思わせる豪華なステージです。


オープニングはセンタースクリーンに映し出されたVTRでスタート。その内容は、さながらアメリカのトークTVショーそのもの。
彼が扮した世界の有名人をゲストに招き、トークショーの司会者であるイ・ビョンホン氏がゲストにインタビューをするという手の込んだもの。そのものまねが実によくできていて、全くタイプの違う有名人に、次々扮している彼の芸の多彩さには驚かされます。


そして、いよいよハリウッドスター、イ・ビョンホン、センターから歌いながら登場!会場は鳴り止まない奇声で、一気にテンションがマックスまで到達したファンで、ホールが割れそうな勢い。

写真


期待通りのブラックスーツ姿に、観客一同がピンクのため息。スターには様々な魅力があるのもですが、イ・ビョンホンさんの場合、多くの女性ファンは"紳士の魅力"を感じているのではないでしょうか。


前夜、中部国際空港セントレアに到着した時の模様がVTRで紹介されると、ファンは、現実、今本人が目の前にいるのにもかかわらず、本当に名古屋に来てくれたという実感に包まれたのか感激の声が上がりました。ファンにとって見慣れた街並みに、あこがれの人が立っているという事が、不思議であり感激でもあるのです。そうしたファンの気持ちを大切にするサービスを忘れないところも、ビッグと呼ぶにふさわしい人柄です。


そしてステージには、司会の古家正亨さんが登場。古家さんについては、このタビコラの第28回でどんな方かをご紹介していますので、併せてご覧ください。

写真


ファンからの質問に答えるコーナーでは、指名されたラッキーなファンが直接イ・ビョンホンさんに質問ができ、質問と言うよりは熱い思いを伝えることができたのですが、皆さん韓国語を勉強されていて、流暢な韓国語で語りかけるという驚きの一幕もありました。


さて、古家さんの進行で、ハリウッドスター イ・ビョンホンさんにアクションをしてもらい、何を表現しているのかを会場のファンに当ててもらうアクションゲームあり、全員参加のクイズ大会あり、プレゼント抽選会あり、歌のコーナー、大爆笑で会場を沸かせたVTRのメイキング映像あり、と充実の内容のファンミーティング。


中でも印象深かったのは、ハリウッドでのエピソードを語った件でした。
「REDリターンズ」にキャスティングされた時は、飛び跳ねるほど嬉しかった、と語るイ・ビョンホンさん。
「子供の頃から見てきた俳優さんたちと同じ作品に出て共演できるわけですから、あこがれの対象であった方々とご一緒できるという事が、現実のことではないような気持ちがしたほど嬉しかったです。でも、一方で、(自分の演技で)その方たちに迷惑をかけてはいけないと、とても緊張もしました」。
アクションシーンが多い映画という事で、あこがれの共演者の方々に怪我を負わせてしまってはいけないという事でも、緊張していたという事です。


また、あるパーティーに出席した時は、クリント・イーストウッドさん、レオナルド・ディカプリオさん他とても有名な方々と同じテーブルだったそうです・・・。
「自分以外全員顔見知りでみなさん楽しくお話をしている中で、彼らにとって自分だけが誰なのかわからない様子で、私はとても気後れしてしまいました。そこへたまたま自分の事を知っているジャーナリストの方が声をかけてくださり、その様子を聞いていた彼らが、そこからは普通に話しかけてくださったので、食事も普通に取ることができました」
何気ないエピソードのように聞こえますが、彼のような大スターでも、私たちが日常で感じるような気まずさや、居づらさというのを感じることがあるという、非常に人間臭いエピソードです。一人でハリウッドに乗り込む孤独さというのを感じたコメントでした。


さらには、こんなエピソードも・・・。
G.I.ジョーの撮影に入る前、出演俳優の有名な皆さんと一緒にLAのレストランで食事をしていた時の事です。
「外にパパラッチが十数名いると聞き、一人で先に帰宅するため席を立った私は、パパラッチに撮られてもいいように、髪を整え、服をきちんとして外に出て行きました。てっきり写真を撮られるかと思ったら、パパラッチは私に邪魔だからどいてくれと言い、とても恥ずかしい思いをし、一人さみしくタクシーで帰りました」
これまた、あの大スターイ・ビョンホンが! と思わせるエピソードです。
しかし、こういった事を包み隠しなく話すところが、腰の低さや、普通の感覚を持ち備えた人柄を思わせるところです。


野球選手が大リーグに憧れるように、役者ならハリウッド進出を夢見るのでしょうが、その夢を叶えられない人がほとんどです。叶えられないから、あこがれの気持ちが強くなるとも言えますが、叶えたら叶えたでさまざまな洗礼を受けるわけですね。


人は、どんなに頂点を極めたつもりでいても、実はまだ山の途中だったという自分に気付いた時、さらに精進を重ねることができるのだと思います。これに気付かない人間は、中腹にいても、トップに上り詰めたと勘違いして、時に傲慢になったり、学びを忘れてしまうのでしょう。イ・ビョンホンさんのトークには、彼の地に足の着いた考え方や生きざまが感じられます。
大スターであるのに、と思うべきか、だから大スターと取るべきか?
どちらにしても、作品の魅力とは別の、人となりの魅力を感じられた2時間40分でした。

写真


次回は、イ・ビョンホンさんが友情出演をした日本映画「HERO」の韓国ロケ地である、韓国のマチュピチュと言われる街をご紹介します。
ロケ地盛りだくさんのタビコラを、どうぞご期待ください。


つづく




追記:タビコラに出てくる情報的な内容は、すべて旅行当時の状況ですので、現時点と違いがある場合があると思われます。あらかじめ、ご了承ください。
旅行ガイドとして捉えて頂くより、読みもの、コラムとして受け止めていただけますと幸いです。神野三枝




写真

●[韓流Hit!] 「純愛中毒」
DVD 発売中
価格:2,800円(税込)
販売元:エスピーオー
(C)2002 KM Culture、All rights reserved.





写真

●「誰にでも秘密がある スタンダード・バージョン」(2005/3/25発売)
発売元:アミューズソフトエンタテインメント株式会社
販売元:アミューズソフトエンタテインメント株式会社
価格:3,990円(税込)
(C)2004 Taewon Entertainment All Rights Reserved



写真

●「G.I.ジョー」
DVD発売元:パラマウント ジャパン
価格:1,429円(税込)
発売日:2012年2月10日発売(発売中)
(C)2009 Paramout Pictures Corporation. All Rights Reserved. G.I.JOE and all related characters are trademarks of HASBRO and are used with permission.(C)2009 Hasbro. All Rights Reserved. TM,(R)& Copyright(C)2012 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.



写真

●「IRIS(アイリス)」<ノーカット完全版>BOXⅠ&Ⅱ
発売日:発売中
発売元:TBS/ポニーキャニオン
販売元:ポニーキャニオン
価格:19,950円(税込)
(C)2009 TAEWON ENTERTAINMENT/「アイリス」日本版製作委員会



写真

●「王になった男」
DVD発売中
発売元:ポニーキャニオン
販売元:ポニーキャニオン
価格:スタンダード・エディション DVD 4,700円(税抜)、プレミアムBOX DVD&Blu-ray共に6,800円(税抜)
(C)2012 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED



写真

●「G.I.ジョー バック2リベンジ」
DVD発売元:パラマウント ジャパン
価格:1,429円(税抜)
発売日:2014年3月12日発売(予定)
(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved. Hasbro and its logo, G.I. Joe and all related characters are trademarks of Hasbro and used with permission. All Rights Reserved. TM,(R)& Copyright(C)2014 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.



写真

●「REDリターンズ」
価格:ブルーレイ+DVDセット3,200円(税抜)
発売日:2014年5月2日(金)予定
発売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
(C)2014 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


神野三枝 プロフィール
<< 前の記事 次の記事 >>
コメント

leebear712: 2014年3月 4日 14:42

ハリウッドスター イ・ビョンホン 楽しく読ませていただきました。
私達もイ・ビョンホンさんの映画を通じて韓国の文化をもっと知りたいと考えまして研究会を作りました。4月に4回目の自主映画会を開催するんですが、多くの方々に知っていただきたく、こちらでも紹介していただけると幸いです!
http://jkfilm.blog.fc2.com/ 一度のぞいてみて下さい。宜しくお願いいたします。

ハンナ: 2014年3月 5日 15:17

神野さん、ありがとうございます。
ビョンホンファン歴10年の者として、ビョンホンさんを高く評価してくださって、とても嬉しいです。
文才のない私には表すことのできないビョンホンさんを俳優としてはもちろん、人間ビョンホンを実に的確に表してくださり、「正にそのとうり!」、という気持ちです。決してブームで終わる事のない本物の俳優ビョンホンさん
のファンであることを誇りに思っております。これからも応援、よろしくお願いします。

コメントを投稿