名古屋テレビ塔から“エシカル・ファッション”を発信!

名古屋テレビ塔から“エシカル・ファッション”を発信!

 名古屋テレビ塔1Fに2011年4月にオープンした「エシカル・ペネロープ」。ショップが提案する“エシカル・ファッション”とはどんなもの? その理念と感度の高いファッションアイテムを紹介します。
Photo:Kouichi Ito

自然と社会に優しい“エシカル・ファッション”

 タレントの原田さとみさんがプロデュースし、2011年12月31日までの期間限定で展開するショップ。提案するのは、オーガニックやリサイクル素材、正しい労働環境と公正な賃金の下でのフェアトレード、地域の伝統技術の継承などに配慮し、自然と社会への優しさを大切にクリエイトする“エシカル・ファッション”。環境保全や社会貢献を意図する“エシカル”の概念をファッションに取り入れて表現している。

【写真】店長の古瀬千絵さんが手にするのは、イギリス発のチャリティー・フェアトレード・Tシャツ。オーガニックコットン100%のTシャツに有名デザイナーによるイラストをプリント。

デザイン性を追求したアイテム

 店内に並ぶ商品を見て驚くのは、オリジナリティとファッション性の高さ。日本のブランドにはないキュートな自然染料プリントが印象的なフランスのフェアトレードブランドや、ベルギーのデザイナーが手掛けたパターンをエチオピアの女性が手織りするショールなど、「デザインや質の良さに魅かれて選んでもらいたい」と、ファッションとエシカルの双方向からアプローチして付加価値の高いアイテムを揃える。

【写真】フランスのフェアトレードブランド「オクシデント」は、ビオ素材と自然染料によるカラフルな彩りが特徴。ワンピースやアウター、ランジェリーなどが並ぶ。

名古屋発のエシカル・ブランドも登場

 モダンでコケティッシュなデザインが魅力の名古屋発ブランド「ぺネロープ・プリュス」のオリジナルデザインに、ルワンダやケニア、タンザニアなど、アフリカの各国から届くフェアトレードの布地を組み合わせて生まれた「ペネロープ・プリュス・アフリック」。デザイナーズならではのモードな世界観と、アフリカ伝統のスピリチュアルな絵柄がマッチして、クオリティの高い洋服や小物に仕上がっている。

【写真】工場廃材の紙袋を利用し、ルワンダの布地と組み合わせてリデザインしたクラッチバッグやカードケース。

アイテム
「ペネロープ・プリュス・アフリック」による工場廃材の紙袋を利用したカードケース。裏地にルワンダの布地を使用している。各1800円

「ペネロープ・プリュス・アフリック」による工場廃材の紙袋を利用したカードケース。裏地にルワンダの布地を使用している。各1800円

フランスのフェアトレードブランド「オクシデント」のワンピース(1万4000円)は、チュニジアの職人が仕立てたもの。

フランスのフェアトレードブランド「オクシデント」のワンピース(1万4000円)は、チュニジアの職人が仕立てたもの。

天然素材による手染め、オーガニックコットン100%で織られたショール(2600円~)は、エチオピアからのフェアトレード。

天然素材による手染め、オーガニックコットン100%で織られたショール(2600円~)は、エチオピアからのフェアトレード。

データ

エシカル・ペネロープ

  • 電話052-972-7350
  • 住所名古屋市中区錦3-6-15 名古屋テレビ塔1F
  • 営業10:00~20:00
  • 定休日無休 ※2011年12月31日までの期間限定営業
  • URLhttp://ethical-penelope.com/

※本記事は2011年05月03日公開時点の情報です。ご覧いただいた時期によっては内容が変更されている場合がございますので、ご了承ください。