登山女子ちさの今日も山日和♪
登山女子ちさの今日も山日和♪

Archives

麻生知沙

登山を始めて1年強。
どっぷり山にはまっています。
多いときは週3回。夏山から雪山まで登山を楽しむ知沙が、登山レポートや、登山仲間とのエピソード、登山道具についてなど書いていきます。
一応、本業はタレントですw

最近のエントリ

カテゴリ

アーカイブ

<< 前の記事 次の記事 >>

たま電車@和歌山

ここ2週間ほど、関西出張に行っていました。ずーっとホテル生活・・・満喫してきました(笑)。

お出かけ大好きなので、仕事とはいえ、外泊できるのは大歓迎です!!

 

そして、せっかくなので、フリーの時間には観光もしました。といっても、日中は仕事なので、ホテル周辺をお散歩、程度ですけどね。

 

その中で一番印象に残っているのは和歌山電鐡「たま電車cat」です。たま電車だけに「偶々」、駅で「たま電車」グッズを見かけたので、近いのかな?と調べたら、まさにその駅から出ていることがわかり、入場券を買って、ホームまで見に行くことにしたんです。

案内からもう可愛い♡

 

階段にも

 

ローカル線ではあるのですが、本数は結構ありました。15分おきくらいには出ている感じ。で、待っていると、

か!!!かばいいhappy02!!!

いや~~、これは想像以上の可愛さです!!

 

側面も

やばばばば~happy02、萌え萌えですheart04。で、夢中で撮影していたら、駅員さんが「中も見て行ってよ」と言ってくださいました。

 

わ~い、ありがとうございます!!では、お邪魔します。

がーーーーーん、中も可愛いーーー!!!

シートも猫~♡

 

レトロな内装は、猫バスの雰囲気もありますね。

 

初代たま駅長のブロンズ像も飾られていました。

 

どこを見ても可愛い♡ばかり。なんだか手抜きのような文章になっちゃっていますが、可愛いしか言えない!!です!!

 

電車のヘッドマーク好きとしては、ここも押さえておきたいところ♡

 

正直、電車にここまでキュンキュンできるとは思いませんでした。来てよかった~、と帰ろうとしたら、

 

たま駅長の招き猫を発見!!これがね、実物を見るとめーーーっちゃくちゃ可愛いんですよ!!うわー、うわー、いいな、これ、、、

 

「これねえ、この駅には置いてなくて、しかも限定品で、すぐなくなっちゃうんだよね。ちょっと聞いてみようか?」

親切な駅員さんが、たまショップがある駅に電話をしてくれました。で、「あと5つある!?わかった、お客さんに伝えるわ」となりますと、そりゃ買いに行きたくなっちゃいますよね。おかしいなあ、私犬派なんだけどなあ・・・

 

ホームだけで終わるはずが電車に乗ることになりました。その電車は、

たま電車ではなく、梅干し電車でした。ほかに、おもちゃ電車(中にガチャガチャの機械が置いてある)や、いちご電車があるそうです。

 

で、電車に揺られること約30分

招き猫買うために来ちゃいました。「伊太祁曽」という駅です。たま駅長グッズは招き猫だけでなく、駅員さんと一緒になって、「わあ、これも可愛い♡」と女子高生のように大騒ぎして、沢山お買いものしちゃいました。

 

せっかくだから、一緒に映っとこう!と思ったのですが、自撮りは苦手・・・残念な一枚にwww

 

 

たま電車だけでなく、出張中には他にも、

和歌山のお魚は美味しかった!!このカツオの藁焼き、すっごく分厚いですよね。

 

お造りも芸術的!!「ホウボウ」が可愛くて、ヨシヨシしていました(笑)タチウオ、サンマ、ホウボウ、どれも絶品です!!

 

大阪では、普通のローソンだと思って入ったら、

あれれ???スライム???

何か雰囲気が違うぞ!??

店内をドラゴンクエストにジャックされたローソンでした。

 

再び和歌山。今度は和歌山駅ではなく、目の前が和歌山城のホテルでした。天守閣はもう閉まっている時間だし、正直歴史はちんぷんかんぷんだし、行く気はなかったのですが、

ちょっと覗いてみると、良い雰囲気なんです。

 

IMG_3842w.JPG

豊臣秀長と、徳川吉宗に関係しているお城だってことはわかりました。

 

敷地全体を上から見ると、トラが伏せているような形をしているから、虎伏城とかいう別名もあるようです。にしても、キラキラお目目のトラちゃん♡

 

あとは、朝のバイキングで豆腐の横にきな粉が置いてあって「?」ってなったり、エビフライとカツの揚げ物弁当にお味噌がかかっていたのですが、それが白みそで「??」ってなったり、何かとネタが尽きない出張でした。

 

楽しかったな♪お仕事自体も、とっても楽しかったです!!

ありがとうございました♡♡♡

<< 前の記事 次の記事 >>
コメント

コメントを投稿